最後はさすがに落とし込んでくる!

契約が完了していない場合、後任の担当者はグイグイと押してきます。最初は「前任者が辞めてご迷惑をおかけして……」とていねいに頭を下げてきます。当然のことですよね。そして「弊社に不備があれば何なりとおっしゃってください」なんて言うわけです。その時は契約がどこまで進んでいるのか、探してほしい物件は見つかったのかどうかなど気になる点を伝えていきましょう。

もし顧客が2000万円の予算で探しているという場合、後任者はそれに見合う物件を見つけてきます。しかし、やり手の担当者はそれでは終わらせないようです。「こちらの物件は2500万円で予算をちょっとオーバーするけれど、内容はプラス500万円以上の価値がある」と言ってきます。賃貸の場合も同じです。家賃が7万円の予算だと伝えていても、「75000円だけど内容はこっちの方がいい」と違う物件も紹介するのです。

その時は「そんなに高いのは無理」と思っても、話を聞いていくうちに「それもいいな」と思ってしまうから不思議です。また分譲の場合は多少の値引きやローンの支払い方法を相談したりと配慮してくれるものです。結果的にいい物件をうまく手にできるということがあります。しかし、その背景には仲介業者の利益を上げたいという気持ちもあるのです。悪質な話には乗ってはいけませんが、顧客にも仲介業者にもプラスになる話はどんどん落とし込んできます。悪い話でなければ乗ってしまうといいでしょう。

最終的には結果オーライ!

徐々に慣れてきて対応もよりよくなる

後任は徐々に慣れてくるので対応もよくなります。

自分の成果にはならないが…

自分の成果にはならなくても後任者は親切にしてくれる。

最後は落とし込んでくるがお互いにハッピーになろう。

仲介業者の担当者が途中で会社を辞めた!

サイトマップ

Copyright(C) 2011 - 仲介業者の担当者が途中で会社を辞めた! - All Rights Reserved.