自分の成果にはならないが…

すでに契約が完了している場合は、後任の担当者にとっては引き継ぎはおもしろいものではないようです。どれだけ尽くしても自分の成績にはならないのですから。そのために対応が事務的に進んでしまうことがあります。成果にならない顧客にいつまでも関わっていては損だということなのでしょう。しかし、それでもきちんと対応してくれる会社がほとんどのようです。なぜならば不動産業界は口コミの力が大きいからです。

不動産会社や仲介業者は各地に星の数ほどもあるのです。顧客はどこを選べばいいのか、わからないことがほとんどです。そんな時に友人や知人に「どこの業者で契約した?」と聞いています。「対応は良かった?」「サービスは?」とあれこれ聞き出すでしょう。そのことをわかっているから、仲介業者では成績にならない場面でも誠実に対応してくれるのです。それが次の契約に結びつくからですよね。ですから遠慮しないで質問したり、要望を伝えたりするといいでしょう。

もし対応が今ひとつだと思ったら、「友だちが家を探しているんだ」とチラッと言ってみましょう。すぐに態度が変わりますよ。それほど契約が欲しいのです。エサを吊り下げてばかりではいけませんが、せめてもの抵抗ですよね。とは言っても、多くの仲介業者は誠実に対応をしてくれるので心配はないでしょう。そして本当に対応がいい業者だったら、友だちに紹介してあげてください。友人も喜ぶはずです。結果的に自分も友人も、そして仲介業者もハッピーになれるのではないでしょうか。

最終的には結果オーライ!

徐々に慣れてきて対応もよりよくなる

後任は徐々に慣れてくるので対応もよくなります。

最後はさすがに落とし込んでくる!

最後は落とし込んでくるがお互いにハッピーになろう。

自分の成果にはならなくても後任者は親切にしてくれる。

仲介業者の担当者が途中で会社を辞めた!

サイトマップ

Copyright(C) 2011 - 仲介業者の担当者が途中で会社を辞めた! - All Rights Reserved.