徐々に慣れてきて対応もよりよくなる

担当者との関係とは不思議なものです。最初は飛び込み営業で入ってきた人がその後担当することや、顧客が店舗なり住宅展示場なりを訪問してたまたま対応した営業マンが担当することなどがあります。顧客が担当者を選ぶということは少ないのです。そのため人間関係を一から作らなければいけません。担当者は顧客が望む家はどんなのかを聞いていきます。家庭の事情、家族構成、仕事のことや収入、他社での借り入れのことまで知ることになります。もしかしたら親や兄弟が知らないことまで知ってしまうケースがあるでしょう。

そんな関係が担当者が退職してしまうと、プツンと途切れてしまいます。後任にきちんと引き継がれていたとしても、次の担当者との関係はぎこちないものになってしまうのです。人間関係とはそういうものなのでしょう。機械的に切ったり貼ったりできるものではないのですよね。ですから最初は「また同じ説明をしなきゃいけない」とイライラすることがあるかも知れません。しかし、いい家を見つけるためには、それも必要なのです。

もちろん後任の担当者も努力をしてくれます。少しでも顧客のことを理解しようとして、親切にしてくれるでしょう。少しずつ慣れて、対応がよくなってきます。それは関係が築いていくからということもありますし、後任の担当者が顧客の気心をつかんできたからです。「この客にはこう言うと納得する」などのつかみどころがわかってくるのでしょう。そうなると話が早く進んでいきます。そこまでは我慢してつきあってあげるといいですね。

最終的には結果オーライ!

自分の成果にはならないが…

自分の成果にはならなくても後任者は親切にしてくれる。

最後はさすがに落とし込んでくる!

最後は落とし込んでくるがお互いにハッピーになろう。

後任は徐々に慣れてくるので対応もよくなります。

仲介業者の担当者が途中で会社を辞めた!

サイトマップ

Copyright(C) 2011 - 仲介業者の担当者が途中で会社を辞めた! - All Rights Reserved.