最終的には結果オーライ!

不動産という生涯の中でも大きな買い物をする場面で担当者が辞めてしまうのは、イヤなものです。出鼻をくじかれた気がしますし、契約が滞りなく進むのかどうか不安になってしまいます。しかし、要は結果良ければすべて良し。そう考えるべきでしょう。だって住んでしまえば、それでハッピーなのですから。それに担当者が辞めずに継続している場合でも、不動産にはいろいろなことがあるものです。物は考えようなのですよ。

担当者が辞めたからと言って、家に住めないということはないはずです。もっとも契約が完了していない場合は気が抜けませんが、そこは会社も利益に関わることです。最後まで面倒を見てくれるでしょう。それができないような仲介業者はやめて、もっと誠実な業者を選ぶことです。

いずれにしても不動産契約にはドラマがつきものです。それよりも大事なのは、いかに納得いく物件に入るかということです。そのための過程では、山あり谷ありだと思うといいでしょう。

最終的には結果オーライ!

徐々に慣れてきて対応もよりよくなる

後任は徐々に慣れてくるので対応もよくなります。

自分の成果にはならないが…

自分の成果にはならなくても後任者は親切にしてくれる。

最後はさすがに落とし込んでくる!

最後は落とし込んでくるがお互いにハッピーになろう。

最終的には結果オーライになれるよう、お互いに関係を深めよう。

仲介業者の担当者が途中で会社を辞めた!

サイトマップ

Copyright(C) 2011 - 仲介業者の担当者が途中で会社を辞めた! - All Rights Reserved.