サービスも重複、逆に得したことも!

不動産業界では各種のサービスがあります。粗品のプレゼントです。またこっそり値引きのサービスをしてくれることもあります。担当者が途中で辞めたことで、思いがけず二重にサービスを受けることがあります。例えば住宅展示場に行くともらえる住宅メーカーのグッズ。結構いい物がありますよね。担当者が途中で辞めてしまった時は、後任の担当者に「前の担当者はこのグッズを持ってくると言っていたけれど、まだもらっていない」と言ってみましょう。そうでなくても申し訳ないと思っているのですから、すぐに持って来てくれます。そもそも粗品は会社の経費ですから、担当者の腹は痛まないわけです。遠慮なくおねだりしてもいいのではないでしょうか。

また後任の担当者が挨拶に来る場合にも、粗品を持って来てくれます。すでに前任者からもらっている物もありますが、受け取っておきましょう。さすがに粗品に何を渡したかまでは引き継ぎをしていないようですね。粗品は会社のアピールになるものですから、仲介業者にとってマイナスになることはないはずです。それ以上に担当者が辞めて迷惑を受けているのですから、いただいて当然なのです。

新築物件などの場合、高い買い物です。こっそり「30万円値引きします」と口約束をしている場合があります。しかし、契約が完了していない時は、後任の担当者がそれを知らずに値引き額が変わることがあるのです。特に後任が力のある人だったら、「50万円値引きします」と値引き額が大幅に上ることも。そんなうれしい誤算もあるのです。

とにかく引継ぎがほとんどできていない

愛想のない対応にイライラ

愛想のない対応にイライラするが我慢してつきあおう。

重複する書類の数々

重複する書類もあるが必要な手続きは面倒がらずにやってしまおう。

サービスが重複してうれしいこともあるので、マイナスに思わないことです。

仲介業者の担当者が途中で会社を辞めた!

サイトマップ

Copyright(C) 2011 - 仲介業者の担当者が途中で会社を辞めた! - All Rights Reserved.