重複する書類の数々

担当者が辞めて契約書類をもう一度書き直す。そういうことは滅多にないケースでしょうが、ないとは限りません。担当者が書類を受け取って、そのまま処理をせずに辞めてしまうなんて、あってはならないことです。しかし、本当にそういうケースもあるようです。しかも仲介業者もその担当者と連絡が取れなくなってしまうことがあります。そうなるとお互いに困ってしまいます。

契約申し込み書類を書き直したり、必要な書類を取り寄せたりしなければいけないのです。自分で用紙を書くのは面倒です。書き間違いということも起こるでしょう。しかし、それは手間をかければ済む話です。ところが役所や金融機関に行かなければいけない時が厄介です。会社を休んで行かなければいけません。また遠方にある場合は、もっと時間がかかってしまいます。タイミングが悪いと、希望する時期に入居できなくなることもあるのです。

そうでなくても不動産関係は書類が多く、手続きが煩雑なものです。後任の担当者が申し訳ない顔をして再提出を言って来る時はさすがに腹が立ちますが、そこでゴネても話は進みません。「会社の体制はどうなっているんだ」と言いたいところですが、とにかく契約を早く完了させましょう。また他にもいい物件がある場合は、「他社で決めるよ」と脅かすのも方法です。急に態度を変えて熱心に通ってくるでしょう。上司が頭を下げに来るかも知れません。不動産は大きな契約だけに、少々強気に出てもいいのではないでしょうか。

とにかく引継ぎがほとんどできていない

愛想のない対応にイライラ

愛想のない対応にイライラするが我慢してつきあおう。

サービスも重複、逆に得したことも!

サービスが重複してうれしいこともあるので、マイナスに思わないことです。

重複する書類もあるが必要な手続きは面倒がらずにやってしまおう。

仲介業者の担当者が途中で会社を辞めた!

サイトマップ

Copyright(C) 2011 - 仲介業者の担当者が途中で会社を辞めた! - All Rights Reserved.