とにかく引継ぎがほとんどできていない

どんな業界でも担当者が会社を辞めることはあります。ゼロではないと思っていいでしょう。特に不動産業界や仲介業界は入れ替わりが激しいと言われます。離職率が高い業界なのでしょう。ただし、採用される確率も高いようです。またおなじ不動産業界で複数の会社を転々としている人もいます。勤め先を選ぶのは本人の自由なので、辞めても再就職しても構わないのですが辞める時の引き継ぎはしっかりしてほしいものです。

退職することは多くの場合、数週間前にはわかるはずです。その際には自分が担当している顧客に挨拶に行き、次の担当者を紹介しておくといいでしょう。後任の担当者の顔を見せておくと顧客は安心します。後任の人も仕事がやりやすくなりますよね。ところが問題は急に辞める場合です。何らかの事情で急に辞めてしまう、また退職後は遠方に行ってしまうという場合に十分な引き継ぎができないことがあります。

契約が完了している場合はまだいいのですが、手続きの途中が困ります。担当者が退職の挨拶に来た時は、契約がどこまで進んでいるのかきちんと聞いておきましょう。

とにかく引継ぎがほとんどできていない

愛想のない対応にイライラ

愛想のない対応にイライラするが我慢してつきあおう。

重複する書類の数々

重複する書類もあるが必要な手続きは面倒がらずにやってしまおう。

サービスも重複、逆に得したことも!

サービスが重複してうれしいこともあるので、マイナスに思わないことです。

とにかく引き継ぎがほとんどできていないケースがあってイライラ。

仲介業者の担当者が途中で会社を辞めた!

サイトマップ

Copyright(C) 2011 - 仲介業者の担当者が途中で会社を辞めた! - All Rights Reserved.