金利にはさすがに影響はない

仲介業者が途中で辞めた時は、「これからどうなるのだろう」と気になりますよね。依頼した設計通りにできるのだろうか、工期は守ってくれるのだろうかなどなど、不安点がいっぱい出てきます。それは後任の担当者にしっかり説明するといいでしょう。しかし、金融関係は一度契約したら、それがそのまま履行されます。つまり契約した時点での金利が対応されるということです。

えdすから契約の途中で担当者が辞めたとしても、急に金利が変動するわけではありません。金利などお金に関してはシビアな世界です。「担当者が辞めて気の毒だから金利を優遇してあげましょう」などということはありません。ですからそれは心配することはないでしょう。それよりも金利がいい時期を逃さずに手続きをすることが大切です。

もし住宅ローンの申し込みをする途中で担当者が辞めた時は、手続きがどこまで進んでいるのか、よく確かめましょう。契約書類を書いたのに担当者が提出しないままに辞めてしまったら、話が宙に浮いてしまいます。引き継ぎもせずに辞めるということはあり得ないとは思うのですが、万が一そんなことがあれば大変です。顧客は契約が進んで結果を待つだけだと思っているのに、いつまで経っても審査の結果が来ないのですから。それでは家を手に入れることができません。また書類の不備がある場合など、誰も気づかないまま放置されることになります。

だけど多くの不動産会社や仲介業者はそこまでいい加減なことはありません。何らかの引き継ぎをしているはずです。顧客側でも経過を聞いてみるといいでしょう。

住宅ローンの件も微妙にずれが…

住宅ローン担当銀行にも再度説明を

住宅ローンを担当する銀行にも同じ説明をすることになります。

二度手間審査も三度ほど

二度手間な審査を三度も受けるケースがあるので気をつけよう。

金利は担当者が辞めても変わることはないので心配はいりません。

仲介業者の担当者が途中で会社を辞めた!

サイトマップ

Copyright(C) 2011 - 仲介業者の担当者が途中で会社を辞めた! - All Rights Reserved.