後任の担当者とは思いも込めて1から

不動産会社や仲介会社では担当者が辞めた場合でも、「後任の担当者が親身になってお世話しますから」と言います。確かに営業マンは数多くいるでしょう。しかし、自分のことをよく理解してくれていたのは、前任の担当者なのです。今住んでいる家の不満、仕事先までの距離、家族の希望、どんな間取りを望んでいるのか、そしてローンの支払い方法まで相談しています。

前任者が辞める時にそこまで引き継いでいるケースは少ないようです。顧客の数が多い上に個人情報を守る必要がありますから。そのため後任の担当者が挨拶に来た時は、自己紹介を含めてまた一から説明しなければいけないのです。

担当者が一方的に辞めておいて、顧客に負担をかけるなんてなんとも理不尽な話ですよね。しかし実害がないので、仕方ありません。納得のいく物件を見つけるためには、次の担当者といい関係を作るしかないでしょう。相手がいい加減な人ならば、仲介業者に申し出て「もっとしっかりした人に替えてください」と強く言うといいですよ。

後任の担当者とは思いも込めて1から

購入側が説明し直す情けなさ

購入側が説明し直すのは情けないことですが、それも必要です。

機械的な段取りの仲介業者

機会的な段取りの仲介業者の態度に腹が立ったら苦情を言うといい。

サービスだけは一人前

サービスだけは一人前の後任者には、もっと具体的に相談しよう。

後任の担当者には思いを込めて一から説明する必要があります。

仲介業者の担当者が途中で会社を辞めた!

サイトマップ

Copyright(C) 2011 - 仲介業者の担当者が途中で会社を辞めた! - All Rights Reserved.