仲介業者の担当者が途中で会社を辞めた!

家やマンションの購入は、多くの人は一生に一度か二度の出来事ではないでしょうか。それほどに大きな買い物だということです。物件を決める場合には、いくつものサイトや広告を見て不動産会社を訪問し相談します。きっと結婚、就職に次ぐくらいの大きな相談事なのです。ですから仲介業者の担当者は結婚で言えば仲人さんと同じくらい重要なポジションです。

しかし、そのことを自覚していない担当者が多いのが現実です。そこまでの責任感など感じていないのかも知れません。彼らは営業マンですから、まず売れるかどうかを考えています。そのためにお客様には笑顔を見せ、親身に相談するのです。場合によっては「ずっと自分がお世話しますから」と優しい言葉を言うこともあります。

しかし、信じられないことに、そこまで言っていた担当者が会社を辞めてしまうケースが多いのですよ。不動産業界は中途採用も多いけれど、中途退職も多い業界です。担当者にばかり頼らずに自分で判断することも必要なようですね。

仲介業者の担当者が途中で会社を辞めた!

後任の担当者とは思いも込めて1から

後任の担当者には思いを込めて一から説明する必要があります。

住宅ローンの件も微妙にずれが…

住宅ローンの話に微妙なズレが生じるときは冷静に説明を聞こう。

とにかく引継ぎがほとんどできていない

とにかく引き継ぎがほとんどできていないケースがあってイライラ。

最終的には結果オーライ!

最終的には結果オーライになれるよう、お互いに関係を深めよう。

仲介業者の担当者が途中で会社を辞めるのはよくあるケースです。

仲介業者の担当者が途中で会社を辞めた!

サイトマップ

Copyright(C) 2011 - 仲介業者の担当者が途中で会社を辞めた! - All Rights Reserved.